FC2ブログ
嘘はみんな吐く。大なり小なり。
でも、その大小は吐く側が決めるんじゃなくて、吐かれた側が決めること。
だから、嘘がバレて言い訳することは許されない。
それくらいの覚悟は持っていなければならない。

そして、とても重要だと思う事。

嘘を責める権利が自分にあるか。という事。

嘘を吐かれたとして。

それが本当に嘘だという証拠を明らかに出来るかいう事。

本当に嘘だとわかったとして。

嘘を吐いた相手が自分とどういう関係であるか。という事。

人の嘘を責められるくらい、自分は嘘を吐いたことがないのか。

自分が吐いた嘘が、誰に伝わって、その相手をどれくらい傷付けたか知っているのか。

私は、人の嘘を責められる人はいないと思っています。だけど、現実には嘘を吐かれて許せない事がある。その時は責めるんじゃなくて、離れるのが正解だと思う。責めるのは、自分はその人に嘘を吐いた事がないという自信があり、且つ、その嘘を許す可能性があるという事だから。

もちろん、人も嘘を吐くのだから、自分も嘘を吐いてもいいと言ってるわけじゃない。
出来ることなら、嘘を吐かずに生きて行きたい。嘘を吐かれずに生きて行きたい。

でも、「嘘」の裏には、誰が誰の為にどんな理由で吐く事なのかが隠れている。嘘はきっと思うより単純じゃないから、簡単に行かないのが現実だな、と思う今日この頃。
スポンサーサイト





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 mind diary, All rights reserved.