FC2ブログ
こないだPCがクラッシュしてから、何だか不安定なオイラのバイオちゃん。

てか。音が出ない。コントロールパネルを見たら、

「サウンドデバイスなし」。

は?

OSも入れ直したのに。サウンドデバイスも再インストールしたのに。

認識しないのか、大元?が壊れてるのかようわからん。

マイクロソフトのサポートもかなり見た。ヘルプでも探した。

試せることは散々試した。でも出ねーーーーーーーーーーーーー!!!!!

んもぉ!!なんでやねん!!!

You Tubeが見たいのにぃー!!

音が出ないだけでPCを買い換えるほどリッチじゃない・・・。

修理に出すしかないのか・・・?めんどくさいなぁ~。

誰かオーディオデバイスを復活させる方法教えて下さい・・・。
スポンサーサイト




NEC_0446.jpg

無事に二種類の芽が出てきました♪

NEC_0449.jpg

ベッドの上も相当賑やかです(笑)

最近、テレビや周りでそんな話題に触れることが多い。
体に障害があるということ。それは軽いものから、日常生活に支障を来たすものまで。でも、障害って本当は何だろう。人と違うって事だけじゃないだろうか。最近、そう思う。

世界中どこを探したって、自分と同じ人間はいない。人と違うこと、それはイコール個性。人には色んな個性がある。きっと、障害もその人の個性なんじゃないか。ただ、ちょっと不便な事があるだけなんだ。

私だって日常生活には支障ないけれど、溝状舌だし、ちょっと受け口だし、手足は極端に小さい。手が小さいせいでブラインドタッチが出来るようになるまで凄く時間が掛かった。ギターも簡単なコードが弾けるようになるまでどれくらい掛かったか忘れるくらいだ。でも、それは私の個性。恥ずかしいと思ったことはない。
でも、そんな様々な個性を持った人がどんな日常を送っているかは、それを持ってない人には想像し難い。

今一緒に仕事をしている営業君は、外斜視の目を持っている。彼は営業という職業柄、それを治したいと悩んでいるようだ。でも、私は恥ずかしながら想像したこともなかった。外斜視の人はどんなふうな世界が見えてるのかなんて。本当にただ、少し眼球の黒目の位置がズレているだけだと思っていた。
でも、彼の場合は左右の目で違うものが見えているらしい。通常、左右の目で物を見たとき、脳内で合成されて一つのものとして映る。しかし、彼の脳では同時に違うものが見え、同じものを二つの目で見ることは出来ない。だから、何でも二重に見えているそうだ。斜視の人の中にはどちらかの目が見たものだけを優先的に認識する抑視という現象が起きる人もいるらしいが、彼にはそれは起こっていない。だから、彼に何かメモを渡したりすると必ず片目をつぶる。そして、片目で見るので立体視が出来ない。最初はパソコンにも極端に顔を近付けるから目が悪いんだと思っていた。だけど、それを知って少なからずショックを受けた。もちろんそれは言わないけれど。自分の無知さに恥ずかしくなった。

本人が治したいと思ってる以上、他人が何を言うことも出来ないけれど、彼の目はきっとチャームポイントだと思う。私は人と話す時、その人の右目を直視する癖がある。彼の場合右目が斜視になっているから最初は目が合ってるのかわからなかったんだけど、一所懸命右の目を合わせてくれようとしていることに気が付いた。それに、何かを渡したらいつも片目をつぶってウインクしてくれるなんて可愛いじゃないの(笑)

そんな外見でわかる個性や体の内部にある個性、人はそれぞれ持っていると思う。だけど、周りの理解があればそれは障害にはならないんじゃないか。障害はそれを持っていることが怖いんじゃなくて、それを差別したり理解しようとしてくれない人がいることが怖いんじゃないか、と思ってならない今日この頃です。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 mind diary, All rights reserved.