FC2ブログ
今日は。
会社の掲示板にウチの社長宛に届いたお手紙が貼付けられてあって。読んでみたら、先日会社にお電話下さった時に対応させて頂いたお客様からでした。
お手紙にはとっても嬉しいお褒めの言葉が2枚にわたって綴られていて。ちょっとした親切で、わざわざお手紙を下さったお客様の優しさに感激しました。

お電話頂いた時に、お困りの様子だったので対応させて頂いたんだけど。
ちょっと自分の仕事から逸脱していても。頼って来られたのだから力になれたら。
なーんて清き志でしたのではなくて、「え~それウチの仕事じゃないよ~。」って思ってた(苦笑)面倒だなーと思いながら、でも板に付いた電話対応で明るくお引き受けして。速攻で問題解決。それがお客さんにしたら嬉しかったみたい。

「そこまで親切に対応して下さるとは思わず」と書いてらした。
「こんな素晴らしい社員のいる会社の社長は幸せ者ですね。」とまで。
余りの褒めように恐縮。でも、嬉しかったです。仕事に関して出来ることが偏ってる私なので自信がなかったのですが、少し自信が持てました。


だから、リストラしないでねん(苦笑)
スポンサーサイト




11年の時を経て、あの感覚が再び。
19の時、ステージは立つ場所だった。沢山の人達の協力を得て、そこに立つ事が出来ていた。セッティングをしてくれる人、PAで音を作ってくれる人、ライティングの人、ヘアメイクさん、カメラマンさんなど、沢山のスタッフがいるからこそ出来るライブだった。

ライブをする度に沢山の出会いが待っていた。ファンの人たち、レコード会社の人たち、プロダクションの人たち、対バンの人たち、ライブハウスのスタッフさんたち。毎日が新しいことと新しい人との出逢いの連続だった。それが嬉しくって楽しいことだった。

そして今。ステージは見る場所。見ているのはステージの上の人達だけ。
だけど、やっぱり音楽に関わっていたい。形は変わっても、やっぱり身近に感じる場所なわけで。二度と表舞台に出るつもりはない(というか出れない)れど、裏方として何か音楽に関わって行けたらいいなって、ずっとずーっと思ってた。

そんな想いもあって始めたカメラ。1年経ってやっとほんの少し前進した。
写真を撮ること自体が好きというのももちろんあるけれど、二度と同じ瞬間は来ない、その貴重な一瞬を形に残したい。ステージに立つ人って、ほんとに良い表情してる。それは強い意志を持ってそこに立ってるからじゃないかな、なんて。
緊張と不安と戦いながら、精一杯表現してる瞬間、どのバンドさんもキラキラしてると思う。

私は人を撮るのが好き。モデルさんみたいに表情を作ってもらうんじゃなくて、素顔を撮るのが好き。人間の喜怒哀楽が現れた瞬間を撮るのが目標。

ほんの少しの勇気を出して踏み出せば、新しい素晴らしい道は開けるって感じられる瞬間。そんな瞬間にはもう出逢えないと思ってた。だけど、カッコいいバンドと出逢って、頑張って勇気を出してみた。そしたら、夢に描いた瞬間に出逢えて。やりたかった事に一歩踏み出せた。今の自分からしたらまさかと思うくらいの幸運だった。
そして、2日ほど前にとあるライブハウスの店長さん宛にメールを送っていた返事が今日来て。とても嬉しい言葉を頂いた。このチャンスをもっと広く長く繋げたい。

それにしても、上に立つ人や、真っ直ぐに生きている人って、何でこんなにも余裕があるんだろうな。懐が深いというか。そんなふうに最近思うことが多い。
自分もそんな余裕のある大人になりたいです。今のままのちっせー人間で終わりたくないっす(苦笑)

でも、社交的だけど人見知りな性格は治らないのでドキドキですっ。ライブやってた頃は人に見られてもそんなに緊張しなかった気がするんだけど。今は絶対無理だと思うもんね。人と会話するだけでも緊張する今日この頃。こないだライブハウスで写真撮る時に挨拶しなきゃって色んな人に声かけたんだけど、緊張し過ぎて挙動不審になってました(苦笑)
でも今後も頑張ります。せっかく貰ったチャンスを潰さないように。やりたいことは幾つになったってやれば良いんだ!でも・・・音楽やってる人は見た目コワい人が多いのでかなりドキドキなんだけどね・・・w


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 mind diary, All rights reserved.