FC2ブログ
0630-3.jpg

↑カバです。

0630-4.jpg

↑サイです。

0630-5.jpg

↑ネコです。

0630-6.jpg

↑目線頂きましたw

0630-7.jpg

↑萌えです。




0630-8.jpg

↑激萌えです。 ※ブレてますけどね・・・(ノД`)



で。今日、思った。


望遠レンズ、(・∀・)イイ!!


買って良かった18-200mm♪

ほぼ撮りたいように撮れます。強いて言うならもうちょい・・・やっぱ300mmもほしいけど、

レンズ交換が面倒だから200mmまででOK!


ああ、楽しかったw

ヤバい。動物園で撮影楽しいぞw

動物達は行く度に違う表情を見せてくれるし、赤ちゃんが生まれてたり、大きくなってたり、

ゴハンを食べてたり、寝てたり、変な遊びしてたり。

ゾウさんがメインだけど、他の動物達もまたいっぱい撮りたいと思います♪
スポンサーサイト




今日は2時に寝て、7時に起きて。
洗濯して、洗い物して(←昨日の夜やらなかったw)、掃除機掛けて、
いつもはやらないトイレとシンクを磨いて、ごまが起きて来たからちょっと遊んで、
植物達のメンテして、副業の請求書を作ってメールで送って。

そんなこんなしてたら晴れて来たじゃん!!前日まで雨の予報だったのに。

そんなわけで昼前から天王寺動物園に行くことに。

でね!行く前にこんなニュースを見付けて!読売新聞の昨日の記事なんだけど。

「子ゾウ2頭 タイから寄贈…天王寺動物園

大阪市天王寺動物園に、40年ぶりに新たなインドゾウが仲間入りすることになった。年内にもタイから子ゾウのペアが寄贈される見通し。タイのウィーラサック・フートラクーン駐日大使が28日、大阪府庁で橋下徹知事と会談した際、明らかにした。
同動物園のゾウは、1950年にタイから贈られた「春子」(推定62歳)と、70年にインドから来た「ラニー博子」(同41歳)の2頭。橋下知事が昨年8月にタイを訪問した際、平松邦夫市長から託された親書をタイ側に手渡し、「大阪でもゾウは大人気」と寄贈を働きかけていた。」

マジーーーー!?ですよ!!嬉しいっ!!!インドゾウのペアが来るなんて!!

めちゃくちゃ楽しみだよう!!来年は年パス買っちゃうゾウ♪


で、まだ天王寺動物園では200mmのレンズを試してなかったので、思う存分撮って来ました♪

まずはゾウさん編。

0630-1.jpg

↑春子は片足をあげてポージング♪

0630-2.jpg


↑耳をパタパタしてる時はゾウさんがしゃべってるという説?があるそうです。
体温調節の為にパタパタする意味もあるようですが、仲間が近くにいたり、飼育員さんがいたりするとよく耳をパタパタさせています。真っ直ぐこっちを向いて耳をパタパタさせる春子。何を話していたのかなー?


0630-10.jpg

↑こちらはラニー博子。飼育員さんに竹のホウキ?で身体の汚れを取ってもらってました。
結構ガリガリ掻いてあげてるみたいだったんだけど、気持良さそうに耳をパタパタ。

で、ずっとゾウさんの写真を撮ってたら、ゾウの飼育員さんが通りかかった(ゾウに指示を与える「コー」を腰に挿してた。)ので、読売新聞の記事のことを聞いてみたんです。そしたら、新聞ではああいうふうに書いてあるけれど、迎え入れる準備もこれからだし、まだ正式ではないので実際に来るのはいつになるかわからないとのことで。

確かに天王寺動物園のゾウコーナーは比較的広い方だけど、春子と博子は犬猿の中だから一緒にすることは出来ないし、かと言ってペアで来る子達をどちらかと一緒にするのは狭過ぎる。するとやっぱり拡張工事は必要になるでしょうね。予算は出るのかしら・・・?

ちょっと心配だけど、ほんとに来てくれたらめちゃくちゃ嬉しいなぁ!

来てくれたら通い詰めそうですw

昨日は今日がお休みだったので、サッカーの決勝トーナメントを見ていました。

前評判も悪かったし、1勝するまで本田選手のことも全く知らなかったくらいなんだけど、

昨日の試合は本当に感動しました。

120分もの間、集中して、力を抜かず、最後まで戦い切った。

一所懸命な姿は本当にステキだったし、カッコ良かった。

もちろん、もっと上に行きたかっただろうし、思うことも色々あるだろうけど。

今はとりあえず。


本当にお疲れ様でした。

俯かず、胸を張って帰って来てほしいと思います。

誰も責める権利なんてないんだからね。


どんなことでも、自分に出来る全てを賭けて一所懸命になる人って本当にかっこいいと思います。

特に男の人って、汗かいて頑張ってる姿がステキだと思う。



ほんとに、サムライブルーの戦士達は全員ステキでしたv


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 mind diary, All rights reserved.