FC2ブログ

NEC_3359.jpg

カメラに装着しました♪

釣り用のプライヤーがあって良かったw

カワユイぞw


仕事から帰って来てからそんなこんなしつつ、録画してた昨日のEXEを見ました。

KEIJIさん・・・

チンゲンサイは中華料理ぢゃないです。食材です。

KEIJIの天然が炸裂してまちたw


ほんっま可愛い

そんなKEIJIを間近で見れるなんて!!!

想像しただけで・・・いやんばかーーーーーーんっ!!(笑)
スポンサーサイト




朝、会社に行く途中でお茶買おうと思ったら。

こんなクマさんが付いてるコーヒー発見w

NEC_3357.jpg

ついお買い上げ。カワユス。

で、これお腹を押すと。

NEC_3358.jpg

光ります。


そんだけ。

今日はカメラストラップのお話。(って、いつものように大した話ではないですがw)


ずっと使っていたゾウさん柄のストラップが相当傷んで来まして。

てんとう虫柄のストラップも持ってるんだけど、コレクションなので未使用。

それで。新調しようと色々探し回りました。

最近は女子にも一眼レフが浸透して来て、一昔前までとは違いとってもカワイイ

一眼レフ用のストラップが売られています。

が、布製はすぐに端が解れて来る。斜め掛けをしたり、腕に巻きつけたりするせいだけど。

なので、今回はヘタリの少ない丈夫な革製にすることに。



今回買ったのは、IMAGÉNIQUEというところのもので。

NEC_3354.jpg

なんと、シンボルのロゴマークがゾウさん。

これにはもう運命を感じました。

このマークは、「心象(しんしょう)」(=意識の中に現れる映像,イメージ)という言葉から

生まれたそうで、IMAGÉNIQUEという名前は、フランス語で“映像”や“イメージ”を表す

IMAGE(イマージュ)と、“遺伝子の”,“生まれ持った”という意味のGÉNIQUE(ジェニーク)が

合わさったものだそうです。二度とは巡ってこない瞬間を記録した一枚の写真の役割や意味、

そして才能を大切にしたいという思いが込められているとのこと。

そんなコンセプトにも惹かれて、ここのストラップに決めました。

品質の高さで定評のある英国産のブライドルレザーを使ってるそうで、

質感も柔らかくてとっても良いし、仕上がりもいい。

メンテしながら、一生使い続けることも出来そうです。

NEC_3355.jpg

こんな感じで名前も入れてもらいました。2年間は無償で修理を受けられるそうです。

NEC_3356.jpg

箱も可愛くて。L判の写真が入れられる大きさ。

あとゾウさんのおっきなステッカーも付いてました。どこに貼ろうかな♪





ただ、革というのは皮であって、皮は動物の皮膚なわけです。

ストラップに使用されているのは、牛の皮。レザーです。

革は毛皮と違い、食用とした動物達の廃棄されるだけの部位を再利用したものだと聞いていますが、

食用としてだとしても、命を奪っていることには変わりない。

そこには少し考えるものがあります。

日々食べているものの中にも命がたくさん。

直接殺さなくても、その沢山の命をもらって生きてるってことは忘れてはいけないなって。

大事に残さず頂かなくては。


だからこのストラップも大事に、使い捨てじゃなく、ずっとずっと大事に使い続けたいと思います。

ゾウさんストラップと一緒にいっぱい良い写真撮るどーーー。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 mind diary, All rights reserved.