FC2ブログ
動物が身近にいたり、動物園に行くようになって命について前よりも考え、様々な資料を見るようになりました。今日はそれらを少しだけまとめたいと思います。私が色々調べたり読んだりしたものから考えたことを書いてるだけなので、間違っていることもあるかも知れませんが・・・。



寿命は、生物が環境の変化に対応し、進化して行くための代償として背負った運命だと思います。ほとんどの生物は、生殖可能期間または子育て期間が終わると寿命を迎えます。ヒトは、生殖可能期間後(閉経後)も生き続ける例外的な動物であると言えます。

どの動物もその一生で心臓が鼓動する回数が大体20億回と決まっていて、一般的な規則として、①性成熟に達するまでが遅い、②体が大きい為に代謝が遅い(象などの大型哺乳類)、③低体温で代謝活性が低い(亀などの爬虫類)、④飛行する(鳥やコウモリ)、などに当てはまる動物が長生きするようです。また、鼓動の回数が決まっている原理で言うと、心拍数を頻繁に上昇させるアスリートなどは短命なことが多いようです。だから、逆に鼓動の早い動物が少しでも長く生きる為には鼓動を早くしない(過度な運動をしたり驚いたり緊張しない)環境にいることが長生きにつながるのかも知れません。(病気での短命は老化や食生活など後天的な原因であることが多い為、ここでいう長く生きる事とはその動物の一般的な平均寿命の事です。)

また、性ホルモンは寿命と密接な関係があるそうで、去勢すると一般的には寿命が延びるそうです。女性・メスよりも男性・オスの方が寿命が短いのは、男性・オスには閉経がなく、男性ホルモンであるテストステロンは加齢による減少があまりないので、生殖可能期間が長い為という説があります。つまり、テストステロンというホルモンは命を削ってまで男性を生殖活動へと駆り立てているのです。と、考えるとオスが多くのメスと交わろうとするのは本能ですねw
 ・・・ということは、淡白な人ほど長生き・・・??
また、女性・メスになぜ閉経があるのかはわかっていないそうですが、閉経を迎えることで高齢出産の危険を回避したり、女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって乳がんの危険性から解放されるそうなので、更年期障害や骨粗しょう症などもありますが、防衛本能の一種なのかも知れません。また、子供を産む・産まないで女性の寿命がどう変わるかはデータとしてないようですが、どちらにしてもリスクがありますよね。でも、子孫を産み出すことが出来る力があるからこそ女性は男性より長生きなのかも?

それから、カロリーを制限すると老化が遅くなり、長生きするということは事実だそうです。粗食にすると、「免疫システム、記憶、病気の発生率、傷からの回復などの老化が遅れ、平均して25%から40%長生きする。全てのホルモン・レベルが低下し、細胞分裂率が下がるが、細胞あたりの代謝率は下がらない。」ということがわかっています。ヒトの最初の祖先が南アフリカで誕生し、クロマニオン人やネアンデルタール人などの亜種(現代人の直接の祖先ではない)に分かれ、ヒトに進化するまで何十万年という長い間、乏しい食糧で生活をし狩猟の為に野山を駆け回っていた大昔から、ほんの数十年前までは質素な食生活を送っていました。現代のような飽食の時代は最近のことであり、また、一部の国に限られたことで、私たちの体はまだそれに適応出来ていない為、様々な現代病(糖尿病や肥満に起因する疾患)で急速に命を脅かされることになっています。
お腹が空くと頭が冴えてくると昔から言われるのは、お腹が空いたときにこそ知恵を絞ってどうやって食糧を手に入れるかを考えてきた、原始人からの遺伝?なのかも知れませんw



と、大分話がずれてしまいましたが、飼育下に置かれている動物たち(同じように考えると人間の子供たちも)を成長させること、また、寿命(平均寿命と最長寿命という別の考え方でまた変わってくるけれど)を全うさせる為には、飢えない程度の食事を与え、適度な運動をさせ(ストレスをためない意味でも)、自己で食欲や性欲などをいかにコントロールするか、なのかも。

ただ・・・動物は食べることが大好き。食べることは生きることに直結しているから。食べ物を得る為に肉食獣は危険を顧みず狩りをし、草食動物は食べ物を求めて広大な土地を昼夜問わず歩き回り、飼育下に置かれている動物達は食べ物をくれる人間に懐き、言うことを聞きます。
命の根源である「食べるということ」をコントロールするのは本当に難しい。食べ物があふれている日本では特に難しい。でも、食べることと生殖行動が寿命に大きく関係していることは確か。

だから、それをどう考えるかは・・・それぞれ。ですね。



とりあえず私の考えは・・・銀ちゃんとごまと私のダイエットをしなくっちゃ、と思いますw
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 mind diary, All rights reserved.