FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日前のニュース番組で今年のファッションの流行が取上げられていました。今年の秋冬ファッションのポイントは、「ファー」「ノルディック柄」「ポンチョ」だそうです。

ここからは私個人の勝手な意見。

リアルファーがお好きな方は不快に思われるかと思いますので、たたみます。

今年の流行りはどれも私好みじゃないーーー。と、それは着なきゃ良いんだからどうでも良い事なんですが。その番組の中で取上げられていた「ファー」は、値段等見た目から判断するにリアルファーでした。

フェイクなら全然良い。化学繊維とか羊の毛から作られたものなら何にも思わない。でも。リアルファーがどうやって生産されているのか知っている人はどれくらいいるんでしょうか。そして、リアルファーを身に付けている人はそれを知って承知の上で買っているのでしょうか。
インターネットでリアルファーの生産方法を検索するといくらでも出て来ます。到底直視出来ないような画像も掲載されています。

私は人間が生きて行く(食べる)為に動物の命を奪うことは、ある意味弱肉強食の自然の掟に従った行為だと思っています。もちろん、家畜として動物を生産する行為自体が残虐だと言う人もいます。私だって直接殺していないにしても、ベジタリアンではないので口にしているものには動物性のものが沢山あります。でも、私が牛の皮で出来た革製品を否定しないのは、食べる為の肉を貰ったあとの副産物として残った皮だから。肉を貰ったあとの、皮もそのまま捨てないで利用する。けして、皮や毛皮の為だけに殺したりしない。
ただ、細かく言うとあの「ハラコ」は、腹子。つまり胎児ですし(何らかの理由で生まれる前に死亡した胎児と言われています。)、皮を多く取る為に必要以上に太らせたり、若い方が柔らかい皮だということで大きくなる前に肉と皮にされるものもいるそうです。
だけど、毛の為だけに殺されるウサギやキツネやタヌキ、イタチ、猫、リスなどは小さいが故か、その毛の採取方法も酷いものです。ここでは敢えて書きませんが、それを知ってしまってからはリアルファーを見るととても不快です。知らないということは、時に残酷なこと。
もちろんそれらの全てが真実かどうかはわからないし、牛の皮だって変わらないという人もいるかも知れません。

でも、リアルファーなんか流行らなければ良いのに。私はそう思ってます。

スポンサーサイト




毛皮は動物のもの。
人間には必要がないものです。
確かに毛皮を着て過ごす寒い地方の国や地方ってのは
実際あるけど、それは私たちが生きていくために
肉を食べる感覚と似ているものと思います。
問題なのは自分たちの趣味なんかで着用する毛皮、
バック、ストール、、特にコートにちょこっとついてる毛皮は
ラビットだったりすることが多いです。

毛皮は生きたまま剥がされるってこと、
それを知った上で本当に着たいかどうかっての
みんなに知ってほしいなーって私も思います。
【2010/09/12 18:23】 URL | AY #-[ 編集]
AYちゃん>ほんとそうだね。エスキモーやインディアンの人達とかは自分たちで狩りをして、毛も皮も血も何もかも無駄にしない。それは自分たちが生きるためだよね。弱肉強食の自然界で生きていれば当然のことで、他の動物達だってそうやって生きているしね。

そっか・・・部分的に使われてるのってウサギなのか。
今年の流行だからとか、雑誌で取り上げられてるから、みんな可愛いって言ってるから、身につけてないとオシャレな人じゃないからとか・・・自分の価値観はないのかな?と思います。

私ももっと知って欲しいと思う。動物愛護の考えは人それぞれ違うし、何が正しいのかわからないけれど、自分で判断するために知識は必要だよね。

【2010/09/12 20:46】 URL | ゆき #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 mind diary, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。