FC2ブログ
「もしその恋がダメになったら、俺んとこおいで。

ずっと待ってるから。じーちゃんになっても待ってるからね。」

なんて、歯の浮くようなクサい台詞を吐いちゃう男って生き物は、

いくつになってもロマンチストなんだな、と。

そんなことを言ってもらいながら、自分が都合の良い時しか連絡して来ない人を

どうしようもないくらい好きなアタシは、どうしようもなくバカなのかもしれない、と。



毎日頑張りたい。と思うんだけれど、なんとなくエネルギーが湧いて来ない。

その時が来るのを待ってる感じ。準備もせずに。

時間がダブついてる。やりたいことは沢山あるのに出来ない。

しがらみのせい?

気持ちの変化?喪失?なんだろう。


色々考え過ぎて疲れたので、お風呂の中で本を読んだ。

浅田次郎さんの「鉄道員(ぽっぽや)」には他にも短編の物語がいくつか収められていて。

お風呂の中で号泣してしまった。

いやー浅田次郎さんの小説には毎回のように泣かされる。もーたまらん。

人間の寂しい、悲しい、切ない、でもあったい感情を表現するのが凄く上手い。

お風呂の中でどっぷり浸ってしまった。おかげで心の中の垢もちょびっと落ちたかも。

ふー。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 mind diary, All rights reserved.