FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

私の体重が1.2キロも増えた訳。

それはきっと・・・

NEC_3191_20100610142003.jpg


これの食べ過ぎ。1週間に3個くらい食べちゃってますw

これね、ローソンとかサンクスとかに置いてあるんやけど。

ものっそうみゃいw

チーズクリームが2層になっていて、甘過ぎずさっぱりで、

周りのスポンジケーキも超しっとりホワッホワでほんのり甘い。

チーズケーキ好きにはたまらん美味しさです。

毎日でも食べたいーーーーー!!!


でも。これカロリー書いてないの。今時珍しいよね。

だから、怖いけど書いてないからま、いっかー♪って食べちゃってますw

ヤバスw

ゾウさんのサイト、少しずつ作っています。

で、中途半端なものではなく、しっかりしたデータを載せたいと思っていて、

ゾウさんについて調べようと、ゾウ図鑑みたいなものがないか探したんです。

神戸で1番大きな本屋さんと、amazonと、近所の図書館まで。

でもね!ないっ!!ビックリするくらいない。

ゾウの物語とか、写真集とか、ゾウに関わった人の話とか、そういうのはある。

でも。ゾウの生態とか、ゾウ自体に関することが載ってる図鑑はない。

ネットで調べても、ウィキペディアを見ても、一般的に知られてるようなことしか載ってない。

つまり。ゾウについて、それくらいの研究しかなされてないってこと。特に日本では。

そんな中、映画「星になった少年」の原作本や、「ゾウが泣いた日」を書かれた、

市原ぞうの国の園長さんである坂本小百合さんの「アジアゾウ全66頭大調査」って本を買いました。

NEC_3177.jpg

この本の冒頭を見てやっぱり!と思ったのは、坂本さんも本屋に行って、ゾウに関する本の無さに

ビックリしたと書いてらして。

ゾウが好きな人は多いはずなのに、そのゾウについて知ることが出来ないなんて。

そんな思いがあってこの本を作られたそうです。

この本は2006年に出版されたので、当時日本で飼育されていたアジアゾウ66頭全ての写真と、

そのゾウの説明が掲載されています。

また、それだけではなく、ゾウの生態についてとても興味深いデータやゾウの飼い方まで載っていて、

サイト作りに役立ちそうな1冊です。

でも、市原ゾウの国のゆめ花ちゃんと東山動物園のコサラとアヌラ、王子動物園のオウジは

リストに入れなくっちゃね。

今作っているサイトには、日本にいるアジアゾウのデータは全て載せるつもりです。

写真と名前、性別、年齢、亜種、などなど。

その為にゾウのいる動物園のHPを見たり、HPにゾウのデータが載ってない場合は問い合わせをして、

出来る限り正確な情報を載せたいと思ってます。


って。なんでそんなにゾウに夢中になるの?って思われるかな?

でもね、動物園に行ってゾウさんに逢って、出来る限り長い時間ゾウさんを見ていて下さい。

そしたらわかると思いますw

今日も帰りにスーパーへ寄って。

お酒売り場をウロウロウロ。

ちょっと酔えるお酒が欲しいなーって思って。

ワインや梅酒じゃ数杯飲んでもちっとも酔えない。

だからちょっとアルコール度数の高いものを・・・と。

で、今日はジンを買いました。

NEC_3131.jpg

ソーダ水も付いてました♪

でもレモン買い忘れたー・・・ので今日はお預け。

因みにアルコール度数は40度。

半々のソーダ割りにするつもりだけど、ロックも試してみたいぞ♪

瓶が可愛いので飲んだ後は花瓶にしよう♪

可愛いお酒の瓶を集めるのも楽しそうだ♪

NEC_3023.jpg

むちゃくちゃ可愛い♪

久々にやると楽しいねーw

さて、どこに飾ろうかな♪

市原ぞうの国とランディの事は、テレビでやってたドキュメンタリーで知っていて。

こないだamazonで買い物してたら、ランディが出てる「星になった少年」を見付けまして。

NEC_3010.jpg

6300円のスペシャルエディションのDVDが840円!!

何か複雑だけど、速攻買い物かごへ。

今日届きまして、さっきまで見てました。

因みにメガネは3Dとかじゃなくて、色調を合わせるためのものです。


で。感想は。

むっちゃ泣きました・・・。感動とかじゃなくて、悲しいともちがくて、

なんかわかんないけど、ゾウさん達を見てたら涙がブワッて出て来て。

マックとズゼ(王子動物園のゾウさん)に今すぐ逢いたくなりました(笑)



映画にはほんっといっぱいゾウさんが出てきて、めちゃくちゃ可愛かったー!!

なんかさ、ゾウさんだけじゃなく、動物ってきっと人間の言葉がわかってるよね。

言う事聞いてくれなくても、それは言葉が通じてないんじゃなくて、

心が通じてないだけなんだって思った。

人間は動物には言葉がないって、心は通じないって決めつけちゃってる。

だからその声を聞こうともしない。だから、動物と会話が出来ないんだよね。

きっと動物はいつだって人間の言葉を聞いてるし、いつだって伝えようと話しかけてくれてるんだ。

そんなふうに思わせてくれる映画でした。




さて。銀ちゃんとごまさんは何を話してるのかな?


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2020 mind diary, All rights reserved.